HOME>ホットトピックス>入れ歯やブリッジで感じるストレスを改善できる

第二の人工歯根を作る

歯科医

埼玉県内には数多くの歯医者さんがありますが、その中には「インプラント治療」を導入している所もあるようです。インプラント治療は第二の人工歯根を作ると言われている歯科治療で、外科的な手術を行う必要があります。アゴの骨の中にチタンという金属で作られた人工歯根を埋入し、その上にフィクスチャーと言われる義歯を装着する治療です。義歯はセラミックで作られており、自分の歯と同じような色味・透明感があるため、義歯でも自然な口元になります。歯科治療としては難易度が高い治療となりますが、埼玉県内にはインプラント治療を得意としている歯医者さんも多いので、安心して手術を受けることが可能です。

硬いものも食べやすくなる

加齢や歯周病などで自分の歯を失い入れ歯やブリッジといった義歯を作った人の中には、「硬い食べ物が食べ難い」感じるケースも少なくありません。入れ歯・ブリッジは歯茎の上に義歯を装着することになるため、どうしても「ぐらつき感」が出てしまいます。噛む力も健康な歯と比べるとかなり劣ってしまうため、硬い食べ物が食べ難くなり食事の楽しみも軽減してしまうようです。もし、入れ歯やブリッジで食事の楽しみが無くなってしまったというのであれば、埼玉県内の歯医者さんで受けられる、インプラント治療にチャレンジしてみてはいかがでしょう。歯茎の上ではなくアゴの骨の中に人工歯根を埋め込み、その上に義歯を装着する治療なので、入れ歯やブリッジよりも噛む力が強いのが魅力です。

広告募集中